地域包括ケア病棟協会では、シンボルマークとロゴスタイルを刷新し、英語名を新しく設定致しました。

シンボルマークの四方から中央の十字でforceを受ける矢印は「懐の深い病棟」を表現すると同時に、地域包括ケア病棟がもつ、ポストアキュート、サブアキュート、その他機能、在宅生活・復帰支援の4つの機能によって、さまざまな病態の患者さんに医療を届けるあり方をイメージしています。

また、急性期や慢性期、公的や民間の医療機関「急慢公民」を問わず、様々な病床や経営母体から当協会に入会されたパートナーの皆様とともに、本病棟の医療の質と経営の質を高めていきたいとの思いが込められています。中央には、協会の英語名Japanese Association of Hospitals for Community-based Careの略称であるJAHCCを入れました。

これから地域包括ケア病棟は、第7次医療計画、第7期介護保険事業計画、医療費適正化計画、まち・ひと・しごと創生総合戦略等、さまざまな制度の整合性を図る要として、地域の社会保障に貢献していくことでしょう。地域包括ケア病棟が、このシンボルマークのように懐深く受け入れ、かつ多方面のパートナーと共に発展していけるよう希望をこめて創作致しました。

多くの皆さまへのご周知を、ぜひお願い致します。